2008年05月27日

今すぐ始めるFX「5人の個人投資家が明かす勝利のルール」

半年くらい前にもらった本でほったらかしにしてたのですが、ふと気になったので読んでみました。

「意外といいことが書いてある」というのが正直な印象でした。

表現がわかりやすいし、はじめての方が読むのにいい本かもしれません。

個人的には、説明に使える表現がいっぱいあったので、
有効活用していくつもりです。





書名  :御社のホームページがダメな理由
著者  :香澄ケイト
出版社 :すばる舎
読む目的:FXの知識の幅を拡げる。
ページ数:215
所要期間:2日
『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・こうした売買で、「ドルを買っている」「円を買っている」状態を作ることを「ポジションを持つ」と言います。
・違う点は、FXの場合は企業1社ではなく、ある国の通貨やそれに関わる情報を分析することです。そのため、ある国の経済や政策、貿易の動向、戦争や災害といったことから、世界の動きまで、幅広くとらえる必要があります。
・主婦やサラリーマンでも実践できるFXのスタイル、それが私の求めているものです。
・こういう重いものをずっと背負っているのは、自分にとっても、トレードにとっても良くない。と心から実感したのです。
・やはり人には頼らず、自分で予想する力を身につけなければならないことを、この時はっきり認識しました。
・多くの人は「いくら儲けよう」という発想はあっても、「いくらまでなら損をしても構わない」という発想は持っていません。
・ポジションが大きければ、勝った時の利益も大きくなりますが、負けた時の評価損もそれだけ大きくなります。そのため、自分が耐えられる範囲以上に負けが大きくなると、損切りができなくなってしまうのです。
・「簡単に儲かる」というのは、裏を返せば、「簡単に損をする」ことでもあります。


posted by アキちゃん at 12:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。