2007年06月16日

大金持ちをランチに誘え!

心に突き刺さるような言葉がたくさんありました。

私には責任感と行動がたりないようです。もっと自分から人生や仕事を切り開いていくべきだと感じました。





書名  :大金持ちをランチに誘え!
著者  :ダン・S・ケネディ
訳者  :枝廣淳子
出版社 :東洋経済新報社
読む目的:奇跡の公式とは
ページ数:221
所要期間:2日間

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・他人に頼って○○になろうと思っている限り、いつまでたっても○○にはなれませんよ。
・自分の仕事をもれなくきちんとやり遂げることは、100%自分の責任だ。
・誰だって、何でもできるようになる。プロにだってなれるのだ。
・やりもしないでどうしてわかるの?
・あなたが、自分の時間を高く評価しない人だったら、誰もあなたの時間を高く評価しない。
・自分の活動に頭の切れる人達を巻き込もう。
・時に、最も有益な人とは、勇気をもってあなたに立ち向かい、『王様は裸だ』と言ってくれる人なのだ。
・私は、将来職を失わないために、どう動くべきか。
・今から一年後、三年後、五年後、あなたのやっているその仕事は、見た目にわかるほど、その価値が大きくなることはない。あなたの価値は、まったく変わっていないか、自分自身の力で大きくなっているのか、のどちらかである。
・給与や報酬というものは、いつだってあなたの価値の後からついてくるものなのだ。


posted by アキちゃん at 20:48| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。