2016年04月30日

iPhoneの保障は加入するべきか

スマホや携帯を持つとキャリアで携帯保障に加入できます。

docomoのiPhoneだと以下のような補償に加入できます。


ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

補償範囲:水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・ご購入から1年を超えた自然故障

iPhone6s,6s Plus 月額750円 サービス利用料金11,000円

iPhone6,6 Plus,SE,5s 月額600円 サービス利用料金7,500円

iPhone5c 月額500円 サービス利用料金7,500円



水濡れや落下などでの故障以外に紛失や盗難まで手広く補償してくれます。

安心感はありますが、毎月500円〜750円(税抜)を払い続けて、
いざ利用するときは自己負担が7,500円〜11,000円発生するので微妙な感じです。


消費税8%の場合、1年後、2年後に利用した場合の支払い総額を計算してみます。

1年後
810円×12ヶ月+11,880円 = 21,600円 iPhone6s,6s Plus
648円×12ヶ月+8,100円 = 15,876円 iPhone6,6 Plus,SE,5s
540円×12ヶ月+8,100円 = 14,580円 iPhone5c

2年後
810円×24ヶ月+11,880円 = 31,320円 iPhone6s,6s Plus
648円×24ヶ月+8,100円 = 23,672円 iPhone6,6 Plus,SE,5s
540円×24ヶ月+8,100円 = 21,060円 iPhone5c


iPhoneならともなく、格安スマホなら新品が変えそうな金額になっています。
しかも一台につき一つ補償しなければいけません。


実際にどの程度の頻度で故障するかはわかりませんが、
よく落として修理ばかりしてる、という人でなければ無理して加入せず、
貯蓄しておいていざというときに使えるようにしとく方がいい
のかなと思います。

補償だと加入しているスマホしか対象になりませんが、
現金なら家族全員のスマホに使えますからね。


今回はドコモのiPhoneの補償ですが、各社条件は違うので、
一度自分の加入している補償の支払い総額を計算してみるといいかもしれません。



スポンサーリンク






●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、保険による貯蓄

医療保険、生命保険

火災保険、地震保険

株主優待、配当

電力自由化

節約

気になったニュース

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記



●格安SIMについて調べる

「格安SIM」情報をAmazonで探す

「格安SIM」情報を楽天で探す







posted by アキちゃん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。