2016年04月23日

JA建物更正共済で貯蓄する時の注意点

JA建物更正共済は1型で一時払いにすると金利が高い(木造0.9%、耐火造1.1%)です。
満期金100万円なら約89万円(耐火造の場合)が10年後に100万円で戻ってきます。

さらに火災や地震の保障がつくのでいいことばかりのように思えます。


ただ注意点もあるので記載しておきます。


『注意点』

・6年以内に解約すると元本割れ(1年目なら98.3%)すること、

・家財で入ると一部保険になることが多いので、
 一部損の場合は火災や地震としての保障はあまり期待できないこと(満期金はもらえる)。

・火災などで全損扱いになると、共済金は満額(加入金額の約130%)でるが、
 契約がなくなるため満期金がなくなること。
 
・地震で全損扱いになると、共済金は満額(加入金額の50%)でるが、
 その時点で解約することになり、解約返戻金(1年目なら98.3%)を受け取り契約が終了すること。



10年解約しないつもりでも、
火災や地震で全損になると満期金がなくなるのは注意ですね。


私の場合はマンションなので全損にはなりにくいだろうというのと、
保障額に関しては別加入の全労済の方で十分足りており、実際の家財より大きな金額になっているので、
全損時でも何事もなく10年経過した時と比べて損することはないのかなと考えて家財に加入しています。


『計算式』

全損時共済金(JA+全労済) - 今ある家財を買う金額 > JA満期金の金額



スポンサーリンク






●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、保険による貯蓄

医療保険、生命保険

火災保険、地震保険

株主優待、配当

電力自由化

節約

気になったニュース

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記



●火災保険について調べる

「火災保険」情報をAmazonで探す

「火災保険」情報を楽天で探す





posted by アキちゃん at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金、保険による貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437036025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック