2016年04月20日

現在の耐震基準は不十分なのか

熊本地震では建物の被害が甚大です。

震度7の地震の後に阪神淡路大震災クラスの地震が来たので
1回目は耐えた建物も2回目で倒壊したケースが多かったようです。


詳細な状況整理は後日でてくると思いますが、
耐震補強をして震度7でも耐えられるようにした建物でも大きな被害を受けているようです。


以下のニュースによると、現在の耐震基準では震度7や6強で1回は耐えられるようにできているが、
同じ規模の地震が連続することは想定していないそうです。


どこまで想定したらいいかはキリがない問題ではありますが、

「新しい耐震基準で建てた新築住宅でも甚大な被害を受ける可能性がある」

ため、新築でも地震保険の加入は必要なのかなと思います。



NHKニュース:「耐震基準は連続した大地震を想定せず」 専門家
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160419/k10010489271000.html



スポンサーリンク






●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、保険による貯蓄

医療保険、生命保険

火災保険、地震保険

株主優待、配当

電力自由化

節約

気になったニュース

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記



●耐震基準について調べる

「耐震基準」情報をAmazonで探す

「耐震基準」情報を楽天で探す







posted by アキちゃん at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 火災保険、地震保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。