2016年03月28日

手術をしたければしてもいいと言われた時にでも加入できる保険

最近、持病があっても加入できる引受基準緩和型の保険が増えています。

何年か前に、家族の保険を検討していた時に、
乳腺腫瘍と診断されていて、良性なので基本様子見だが、
手術をしたければ患者の判断でしてもいい、と診断されていたケースがありました。


その時にいくつか引受基準緩和型の保険や共済を検討しましたが、
『手術をして腫瘍を摘出した後でなければ加入できない』と言われたり、
『当社では引受けできる商品がない』と言われました。


そんな中、JA共済の一時払養老生命共済は加入できる、と言ってもらえました。


告知事項の2つ目が以下の質問です(JA共済パンフレットより)。

『今後、入院または手術の予定がありますか?』
(医師により入院または手術をすすめられている場合や、医師と相談している場合を含みます)


一見ダメそうですが、手術をしたければしてもいい、
というのは具体的に手術の予定があるわけではないので加入できるそうです。


確認したわけではないですが、
一時払終身共済も同じ告知事項の質問だったので、加入できそうな感じです。


同じ引受基準緩和型でも保険会社により告知事項や対応が違ってくるので、
どうしても加入したければ、いろいろ聞いてみるのがいいかもしれませんね。



スポンサーリンク






●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、保険による貯蓄

医療保険、生命保険

節約

気になったニュース

火災保険、地震保険

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記










posted by アキちゃん at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療保険、生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。