2016年03月25日

洗濯機上の窓を縦滑り出し窓にした理由

洗濯機上の窓についてです。

洗濯機上には幅26cm×高さ90cmの縦滑り出し窓(オペレーターハンドル方式)がついています。


当初の設計ではもう少し大きな横滑り出し窓でした。


今はまだ置いていないですが、
洗濯機の上にカゴを置くことを考えていました。

横滑りだし窓だとオペレーターやクレセントが中央にくるため、
カゴを置いた場合に開閉しにくいです。

このため、細長い縦すべり出し窓を右端に配置することにより、
洗濯カゴの横から開閉動作ができるようにしています。


幅26cmにしたのは他の場所と同じく防犯性に優れるとされているためです。

洗面所なので、窓は開けっ放しになることが多いので、
進入しにくいサイズの窓にしています。


床からの高さは110cm(オペレーターの位置が115cm)にして、
慎重140cmの母でも開閉できるようにしています。


実際にカゴはまだ置かれていませんが、
開閉もしやすそうだし、開けていても安心感があるのはいいかなと思います。


洗濯機上の窓.jpg



スポンサーリンク






●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、養老保険

節約

気になったニュース

火災保険、地震保険

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記










posted by アキちゃん at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。