2016年03月10日

2階東側の窓を引き違い窓にしなかった理由

2階東側の窓は30cm×200cmの横FIX窓にしています。
1階と同じサイズの窓を同じ位置で2階にもつけています。

検討段階で、壁→引き違い窓→横FIX窓と変更していきました。

場所的には朝日を取り込むのがメインの目的です。


引き違い窓にしなかった理由は、
子供の落下防止、隣家への目線です。


引き違い窓にすると、母の身長が140cmと低い関係で、
窓の位置をかなり低くしてクレセントの位置を下げる必要があります。

窓を開閉できる位置まで下げると、今度は子供が簡単に乗り越えられる高さになり危険です。


また、引き違い窓にした場合、
隣家の2階のベランダや1階の部屋が丸見えになるので、
隣家の人が嫌がる可能性がありました。


このため、横FIX窓を高い位置につけて、
明かりを取り込みつつ、隣家が見えず、子供も落ちないようになっています。


FIX窓は開閉できないので風は通りませんが、
ウィンドキャッチ連窓をすぐ横の南面につけて風通しを確保しています。



2階東側窓.jpg



●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、養老保険

節約

火災保険、地震保険

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記



スポンサーリンク




posted by アキちゃん at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新築打ち合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。