2016年02月10日

マイナス金利対策として一時払養老生命共済を検討しています

先日のマイナス金利導入の影響で預金金利が軒並み低下しています。

今後は預金だけでなく、貯蓄性の高い養老保険や学資保険、
終身保険の予定利率が引き下げられる可能性が高いです。


預金金利は既に下がっているところも多いですが、
保険の予定利率の見直しには時間がかかるので、
今のうちに貯蓄目的の保険には加入しておきたいので検討しています。


今検討しているのは、JA共済の一時払養老生命共済です。


いわゆる一時払養老保険ですね。


10年満期だと年利0.70%の利率です。
50万円から10万円単位で申し込みできます。

健康状態は、安静療養中や、今後、入院や手術の予定がなければ
加入できるで、かなりハードルは低いです。


デメリットは約5年以内に解約すると元本割れするのと、
JA共済なので破綻時の保障に若干の不安があるくらいです。

JA共済の場合、加入したJAが破綻したら、
別のJA共済かJA共済連が契約を引き継ぐことになっています。

このため、全てのJA共済とJA共済連が破綻しなければ契約は守られるはずです。
実際にそのような事態になったら影響が大きすぎるので何らかの救済策はとられるのかなとは思っています。


先ほどJA共済に問い合わせたら、3月までは今の利率で行く予定とのことなので、
それまでにどうするか決めたいと思います。



『モデルパターン/JA共済HPより』
一時払養老生命共済.gif



スポンサーリンク






●関連カテゴリ

カテゴリの説明

住宅ローン

貯金、養老保険

節約

火災保険、地震保険

新築打ち合わせ

太陽光発電

エコポイント、すまい給付金など

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

家族との日々

日記



●マイナス金利について調べる

「マイナス金利」情報をAmazonで探す

「マイナス金利」情報を楽天で探す







posted by アキちゃん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金、保険による貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。