2016年01月07日

太陽光発電の意外なメリット

太陽光発電には発電以外にもメリットがあります。

それは断熱効果です。

パネルが屋根の上にあることにより二重屋根のようになり、
夏は涼しく、冬は暖かくなるそうです。

パネル自体が斜熱板として働いたり、
パネルと屋根の間に空気層ができるのがいいみたいです。

新エネルギー財団HPより』
太陽光断熱効果.gif

夏は10℃以上下がるようですが、このデータは屋根の天板の温度なので、
部屋では2〜5℃くらい下がるそうです。

冬は5℃くらい上がるとなっていますが、日中は太陽光を遮るので寒くなりますが、
一番寒くなる夜間は放射冷却を抑制できるので暖かくなる
そうです。


『太陽光パネルです』
太陽光断熱-1.jpg


『パネルと屋根の間に空気層があります』
太陽光断熱-2.jpg


●関連カテゴリ

新築打ち合わせ

太陽光発電

新築保険、エコポイントなど

基礎工事

解体工事

上棟から引渡しまで

外溝工事

引っ越し

トラブル

カテゴリの説明



スポンサーリンク




posted by アキちゃん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。