2015年10月23日

窓でトラブル−その後

先日、窓でトラブルがありましたが、その後の状況です。

昨日、現場監督と話す機会があり、手違いのあった窓について説明してもらいました。

「断熱タイプ」と「遮熱タイプ」が間違えて手配されたのが原因のようです。

最終の仕様打ち合わせの時に、問題となった窓が「遮熱タイプ」タイプになっていたのですが、北側で日のあたらない場所なので、「断熱タイプ」に変更してもらいました。この変更を窓メーカーに伝えたらしいのですが、何かの手違いで以前の「遮熱タイプ」のままで手配されてしまったようです。

今回の窓はLow-E複層ガラスなので、「断熱タイプ」だとLow-E金属膜を「室内側」にコーティングしますが、「遮熱タイプ」だと「室外側」にコーティングされます。

型ガラス(スリガラスのようなもの)にする場合は、コーティングされていないガラスが型ガラスになるので、「断熱タイプ」だと「室外側」、「遮熱タイプ」だと「室内側」が型ガラスになります。

いずれにせよ型ガラスであるので、道路からの目線は気にならないのですが、外観上は「遮熱タイプ」は透明、「遮熱タイプ」は型ガラスに見え、かなり変わります。

外観が変わることは知らずに北側は「断熱タイプ」で統一してましたが、結果的にはよかったです。

ちなみにもう一度発注しているらしく、交換には後数日かかるとのことでした。幸い全体の工程には影響ないとのことなのでよかったです。


『参考:断熱タイプと遮熱タイプの違い/リンク先でガラスの素材説明をクリック』
https://www.ykkap.co.jp/consumer/comparison/

『関連記事:窓でトラブル』
http://kigyo-obenkyo.seesaa.net/article/428147416.html


『左が遮熱タイプ、右が断熱タイプ』
窓でトラブル.jpg


スポンサーリンク




posted by アキちゃん at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。