2007年05月12日

1000億円を動かす!ファンドマネージャー塾

FPジャーナルで紹介されていました。

ファンドマネージャーについて、いかに自分が知らなかったのかよく分かりました。公募投信のファンドマネージャーは、私がイメージしていたところとは違うみたいです。
やるなら私募ファンドかなというところです。

また、学ぶべき内容として、『証券アナリスト』が面白いかなと思いました。






書名  :1000億円を動かす!ファンドマネージャー塾
著者  :杉山 明
出版社 :こう書房
読む目的:ファンドマネージャーになるには?
ページ数:237
所要期間:6日間

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・捨てる能力。全ての投資対象に首を突っ込むのではなく、これはと思うものにのみ集中する。ダボハゼ運用していると、自分の立ち位置がわからなくなり、結果的に相場に振り回されてします。


posted by アキちゃん at 15:46| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次は証券アナリストですか!
そっちの分野に疎い私は、先日の証券外務員の試験頭が痛かったです。しかし知らない事を学べて楽しかったです。そんな今だからかこの本面白そうな本だと思います。
Posted by す〜やん at 2007年05月12日 22:45
す〜やんさん。こんばんは^^

証券外務員受けられたのですね。素晴らしいです。
証券アナリストはまだやるかは決めてません。面白そうかなという程度です。やっといたら勉強になりそうです。
Posted by アキちゃん at 2007年05月13日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。