2007年03月01日

Web2.0的仕事術

 またしても丸山さんの本を読んでしまいました。Webだけでなく、ビジネスのありかたまで書いてあり、さすがと思える内容でした。私のビジネスに活かしていきます。

 本とは関係ありませんが、今日は、自分なりに『あったらいいな』と思うサービスを考えてみました。
 それは、『どんな夢でもかなえてくれるサービス』です。
 夢がない、やりたいことがないという人でも、本当に自分がやりたいことに気づくことができ、夢を実現するプランを立ててくれるサービス。そして、途中でつまずいたときは、手を差し伸べてアドバイスをしてくれるサービス。
 夢をかなえるために、いろんなセミナーや本があるけれど、参加したり読んだだけではできない人が殆どだと思う。それは、具体的にどうしたらいいか分からないから。つまづいたときに相談できる人が近くにいないから。
 そんな人達に、私は手を差し伸べたい。
 そして、一人でも多くの方が夢を実現する手助けをしたい。






書名  :Web2.0的仕事術
著者  :丸山 学
出版社 :PHP研究所
読む目的:ビジネスに役立つ情報を得る。
ページ数:235
所要時間:5時間

『心に響いた言葉/文面は本文より引用・編集』
・顧客から見た企業の価値が、『高い』か『低い』か。
・先に損をするという発想。
・どうすれば多くの人に喜んでもらえるか。自社の価値を感じてもらえるか。
・Web空間では、本当に価値のあるものを提供していれば、必ず注目される。
・Wikiは、『最新』かつ『正確』な集合知を導き出すのに最適。
・どうすれば、ユーザーが価値を感じてくれるようになるかを、脳みそから血が吹き出るほど考え抜いて、ビジネスモデルを構築する。
・誰か他の人が行動を起こさないと、次の人も行動を起こしづらい。
・まず、ユーザーに徹底的に勝ってもらう。
・情報は新鮮であってこそ価値があるのであって、陳腐化した情報は価値が下落する。
・情報起業だけでなく、別に実業を営んでいる。
・断れない提案。
・何の強制もしないけれど、相手が『その提案を受け入れない理由がない状態』
・セミナーというものは、受講者が何からの『答え』を求めて受講しているはず。


posted by アキちゃん at 23:30| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。