2006年07月22日

マーケティングの基本と常識

ジュンク堂で目に付いたので買ってみました。
マーケティングの正論が少し分かりました。
これと、エモーショナルマーケティングを比較すると面白いかもしれませんん。
今月の読書目標まで残り5冊です。




書名  :これだけは知っておきたい マーケティングの基本と常識
著者  :大山 秀一
発行所 :フォレスト出版
読む目的:マーケティングの基本を学ぶ。
ページ数:203
所要時間:3時間
感想  :すごく勉強になりました。自分は今までこんなことも考えていなかったのか!っという感じです。今後のためにポイントを記録しておきます。なお、文面は本文中より引用・編集しました。
 ・コンセプト、価格設定、販売促進、流通方法を計画し
  実行するするのがマーケティング
 ・マーケティングを知るということは、『売れる仕組み』を
  作るための『理論的裏づけ』を知ること。
 ・高級ブランドに手を出す消費者も、結局のところ、
  求めているもものは『満足』。
 ・『4つのP』、Product(商品)、price(価格)、
  Place(場所)、Promotion(販売促進)
 ・優れた『製品』に、適正な『価格』をつけ、適切な『場所』で
  提供するとともに、効果的な『販売促進』を行うこと、
  それが会社のマーケティング活動。
 ・市場を知り、敵を知り、己を知る。
 ・一般の企業では、ターゲティングが不可欠。
 ・市場から発想して、販売・製品・生産に取り入れる
  『マーケットイン』。
 ・AIDMAの法則とは、注目、興味、欲求、記憶、行動。
 ・市場には、5つの競争相手がいる。現在の競合業者、
  新規参入業者、代替品、買い手、売り手。
 ・SWOT分析。強み、弱み、機会、脅威。
 ・『シーズ』とは、新しい需要を作り出す
  可能性を持った技術や製品のこと。
 ・マーケティングリサーチの方法。
  @利用できる公表データを探す。
  A不足するデータについて実地調査する。
 ・自社で作成した資料、官公庁の白書や調査資料、
  業界団体や研究調査機関の資料、
  インターネットのホームページ。
 ・市場細分化→ターゲティング→ポジショニング
  →マーケティングミックス
 ・『製品差別化』とは、他社製品とは違う特徴を消費者に強調し、
  不毛な価格競争を回避すること。
 ・品質、デザイン、ブランド、付帯サービスで差別化する。
 ・マーケット・リーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャー。
 ・製品戦略のポイント。アイデア、ターゲット、ライフサイクル、
  基本性能、デザイン、ネーミング、ブランド、パッケージング、
  サービス。
 ・製品は『トータルプロダクト』。
 ・消費者が求めているのは、製品そのものではなく、
  それを購入することによって得られる効用。
 ・女性は口紅の物理的・化学的特性を購入するのではない。
  彼女たちは、『美しくなる』という夢を買っているのだ。
 ・製品開発のプロセス。
  @アイデアの収集と吟味。
  A製品コンセプトづくり。
  Bマーケティング戦略の策定。
  C事業経済性の分析(計画以上の時、計画通りの時、下回った時)
  D試作品の開発。
  Eテスト・マーケティング。
  F生産と市場導入。
 ・購買行動による製品分類。
  @最寄品 『最寄り』の店で買うもの。食品など。
  A買回品 製品を比較して買うもの。家電など。
  B専門品 買うための努力を惜しまないもの。ブランド品など。
 ・商品に『ブランド』を付けるもともとの目的は、購入者に対して、
  品質や機能を保障すること。
 ・実際の利便性以外にも、『何となく』感じているイメージや、
  あいまいな印象などで決まることが多いのが『ブランド』
 ・一般に、ヒット商品のライフサイクルは3年。
 ・既存の市場に投入される新製品は、
  ほとんどが問題児としてスタートをきる。
 ・カスタマーバリューとは、消費者が買ってもいいと思う価格。
 ・他の商品にない特徴を備え、付加価値を付けた商品なら、
  カスタマーバリューは引き上げられる。
 ・テクニカルバリューとは、コスト重視で原価にマージンを
  加えて算出した価格。
 ・カスタマーバリューが、テクニカルバリューより高く、
  その差が大きいほど、売りやすい『売れる』製品になる。
 ・値下げで売上が急増する臨界点がある。
 ・架空の『市価』と比較して安いことを強調するなど、
  不当な二重価格表示は景表法違反になる。
 ・モノやカネに関する物流以外にも、取引や情報の流れが重要。
 ・PR・広報の目的は、広く報じて公衆の信用・理解や協力を取り付け、
  良好な関係をつくること。
 ・不満足を感じたときに、苦情を言う顧客は一部にすぎない。
  ほとんどは黙って、次から買うのをやめる。
 ・不満足を感じた人の、好意的でない口コミは、満足を感じた人の
  好意的な口コミより、格段に影響が大きい。


posted by アキちゃん at 00:27| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

発明家たちの思考回路

ジュンク堂で目に付いたので買ってみました。
バタバタしているうちに、読むのに一週間もかかってしまいました。
今月の読書目標まで残り6冊です。




書名  :発明家たちの思考回路
著者  :エヴァン・I・シュワルツ
発行所 :ランダムハウス講談社
読む目的:どうやって偉大な発明をしたのかを知る。
ページ数:305
所要時間:6時間
感想  :ポイントは発明家ごとに異なるようです。心に響いた言葉が沢山あったので、記録しておきます。なお、文面は本文中から引用しました。
 ・発明家とは、様々な分野から、様々なアイデアを集めて、
  他人の思い描いたことを実現する者のこと。
 ・これはどんなしくみなのか。どうしてうまく動くのか。
  どんな発想をすればつくれるのか。
  なぜどこかの誰かがもっと早くつくらなかったのか。
  欠点はどこか。どこを改良できるか。
  もっと洗練させるにはどうするか。他に必要なものはないか。
 ・発明家は何かを創り出そうとする内なる衝動をもっている。
 ・ためしに、同僚に考えをぶつけてみる。
 ・発明とは、一連の発想戦略をツールとして生まれる。
 ・新たな角度から問題に着眼し、もう一度それをとらえ直し、
  より厳しい基準で細部を見つめる。
 ・違う見方をするというだけのこと。
 ・発明家は問題の発見が得意な人。
 ・人に買ってもらえない発明に無駄な時間を費やすな。
 ・必要は発明の母。発明は必要の母。
 ・発明は、問題を正確につきとめるところからスタートする。
 ・まずはパターンを見出すことを知っているのが発明家。
 ・情報を構成する基本パターンを理解していなければ、
  一片のデータを理解したつもりでも、
  そこから深い洞察を得ることはできない。
 ・アイデアをたくさん考える。そして役に立たないものを切り捨てる。
 ・独創性のある科学技術者は、問題に取り組むときに引き出せるように、
  頭の中に解決策をいくつも蓄えてある。
 ・偶然は準備の出来ているものだけに訪れる。
 ・とりあえず、つじつまの合わないこととしてメモしておいた。
 ・予期せぬできごとい常に目を配る。
 ・たえず流れ込んでくる情報の中に、宝物がないか目を凝らす。
 ・物質が通常と異なる反応をしたら、
  その理由を解明すると新しい発見がある。
 ・発明とは、分野をまたぐというよりは、分野を超えるということだ。
 ・書き手が自分の書こうとする内容を深く理解していないと、
  形容詞や副詞に表れる。
 ・問題を違う角度から捉えなおすことで、
  取り組むべき問題をつくりだす。
 ・できると思えなければ深入りする前にやめてしまう。
 ・何かの名前を知っていることと、何かを知っていることとの違い。
 ・思いついたことは、なんでも頭の中で完全に作り上げる。
 ・できるだけ多くのアイデアを引き出し、できるだけ早く試して、
  よくないものをふるい落とし、勝ち残ったよいアイデアを手にする。
 ・発明の世界ではタイミングが全てだ。
  早すぎても遅すぎてもさんざんな目にあう。
 ・短期間になるべく沢山の間違いをする。
 ・ひどい目にあって、信じる気持ちをなくすことがあるかもしれない。
  冷めた気分にもなるだろう。だが、それでは何もなしとげられない。
  発明や創造を目指すなら、信念を堅く守り、これと決めたことに
  精一杯の努力をそそぐべきなんだ。
 ・発見は一つのアイデアから生まれるのではない。
  最初の問題を解決したら、それに関連する
  新しい問題を常に探さなくてはならない。
 ・特許を読んで解釈し、完璧に理解する。
 ・特許は発明家のアイデアを保護し、
  アイデアに値打ちをつけるための法的手段だ。
 ・発明すべきものも改良できるものも、まだ沢山ある。
 
posted by アキちゃん at 20:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

CFPライフ・リタイアメントプランニング

今日はLECの授業でした。

試験は50問だそうです。
そのうち、計算問題が10問あって、その配点が高いそうです。
今年は健康保険の改正がおおいそうで、かなりの比率で出題されそうとのことでした。

健康保険はまだまだよくわからないので、少しずつ整理していこうと思います。
posted by アキちゃん at 22:28| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

3連休

最近土日ともLECに通っているのでお休みは久しぶりです。
友人を家によんで、ランチパーティーをする予定です。
posted by アキちゃん at 10:21| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

口コミ伝染病

フォトリーディングのセミナーで紹介されてたので読んでみました。
今月の読書目標まで残り7冊です。




書名  :口コミ伝染病
著者  :神田 昌典
発行所 :フォレスト出版
読む目的:どうしたら口コミが起こるのかを知る。
ページ数:274
所要時間:3時間
感想  :顧客に話題を提供すればいいらしいです。またしても、心に響いた言葉が沢山あったので、記録しておきます。神田 昌典さんはすごいです。セミナーがあったら聞いてみたいですね。なお、文面は本文中から引用しました。
 ・勝ち組は変化を楽しむことが出来る。
 ・井戸を掘るのをやめる。
 ・井戸の外には豊富な水脈がある。
 ・自分が売りたいものを販売するのではなく、
  お客が欲しいものを販売する。
 ・一度仕組みができたら、一気に全国展開する。
 ・会社が取るべき営業戦略は、導入期、成長期、
  成熟期に応じて違う。
 ・頭を使わない労働は罪である。
 ・期待と現実のギャップが人の気持ちを動かす。
 ・口コミは社内から起こる。
 ・口コミという伝言ゲームをするのに、伝わりやすいキーワード
 ・表の欲求より、裏の欲求の方が反応を得やすい。
 ・まず、お客をヒーローにする。
  すると、お客はあなたの会社をヒーローにする。
 ・行列は供給を絞ることによて、自ら作ることができる。
 ・お客を、あなたが付き合いたい客に変える。
 ・スキャンダル、物語、十字軍、裏の欲求、
  行列、ヒーロー、コミュニティ。
 ・紹介好きの少数派。
 ・ビジネスは仮説と検証が大事だ。
 ・二つ以上の特徴を、20秒以内に伝える。
 ・小冊子を書く前と、書いた後では人生が変わる。
 ・難しく考えないと、結果がでないと思い込んでいる。
posted by アキちゃん at 20:30| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

あなたの会社が90日で儲かる!

TETSUYA@Gさんのブログ(http://fpfightclub.blog70.fc2.com/blog-entry-28.html#comment)で紹介されていたのを読んでみました。
今月の読書目標まで残り8冊です。




書名  :あなたの会社が90日で儲かる!
著者  :神田 昌典
発行所 :フォレスト出版
読む目的:エモーショナル・マーケティングとは?
ページ数:246
所要時間:2時間
感想  :顧客の感情を考慮したマーケティング手法です。将来起業する時に使えるのではないかと感じました。心に響いた言葉が沢山あったので、記録しておきます。なお、文面は本文中から引用しました。
 ・新規事業を立ち上げるのであれば、まずはお客を集める。
 ・どうすれば相手から擦り寄ってくるか。
 ・苦痛から逃れる側面を強調する。
 ・広告は、できるだけ広告に見えないほうがいい。
 ・売り込みをしてはいけない。
 ・DMではリスクが全くない提案をする。
 ・興味のある客に、次の行動をとってもらうためには、
  必要な情報を全て盛り込む必要がある。
 ・いかにお客の心を掴むか、いかにお客と感情的な繋がりをもつことができるか。
 ・どの方法論も、最後には真実の瞬間にであう。
 ・広告宣伝では、興味のある人を集めることを徹底する。
 ・『そのうち客』を集める。
 ・一度、小さな行動をと取ると、急速に夢が膨らみだす。
 ・24時間無料録音案内テープ
 ・広告の目的は、見込み客のリスト化に注力したほうがいい。
 ・商品に気がつく→関心を持つ→欲求を持って比較検討する→購買する。
posted by アキちゃん at 21:59| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

病気にならない生き方

昨日ジュンク堂で衝動買いしてしまいました。
今月の読書目標まで残り9冊です。




書名  :病気にならない生き方
著者  :新谷 弘実
発行所 :サンマーク出版
読む目的:病気にならない生き方とは?
ページ数:237
所要時間:4時間
感想  :ミラクルエンザイムというのが重要だそうです。エンザイムを増やす食事や生活習慣で、健康が維持できるそうです。私ができそうなことでは、
@乳性品(牛乳、ヨーグルト)を止める
A寝る前に食事をしない
Bよくかんで食べる
Cよい水を飲む
D植物食を多く取る
E動物食は魚にする
Fマーガリンや揚げ物を止める
というのがありました。

早速今日から実行します。
posted by アキちゃん at 18:56| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CFP不動産運用設計

今日はLECの講義に行ってきました。

固定資産税、都市計画税の計算、
不動産譲渡の損益通算に係る特例、不動産投資等についてでした。

AFPの時と比べて、項目的にはほぼ同じですが、
計算がより現実に近く、細かいという印象を受けました。

11月はあっというまにきそうなので、
講義を受けつつ、早めに過去門に取り組んでいきたいと思います。
posted by アキちゃん at 18:45| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

CFP講座

LECのCFP Aパックに申し込みました。
11月受験目標で、6科目分の講義と演習、公開模試が受けられます。
お値段は166,600円でした。
一発合格するには必要なので、そんなに高くはないかなと思います。

明日から講義が始まります。
posted by アキちゃん at 12:36| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス実務法務リポート再提出

先日提出したリポート3つのうち一つが再提出になりました。
今月の読書目標まで残り10冊です。

書名  :ビジネス実務法務2級第1分冊・第2分冊学習確認リポート
著者  :産業能率大学
読む目的:間違えた箇所の理由を把握し、理解を深める。
ページ数:19
所要時間:1時間
感想  :いきなり合格するよりも、再提出の方が見直すのでいいかも、
なんて慰めてます。
posted by アキちゃん at 12:32| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。